プロフィール


1965年 和歌山県に生まれる。
 
1971年 白浜町から新宮市に転居。
1988年 多摩美術大学美術学部彫刻科卒業。
蠟人形制作会社(株)C.P.A.勤務。
1990年 会社勤めの傍ら、蠟彫刻作品の制作を開始。
グループ展『セクシー・ピンク'90』(銀座/フタバ画廊)開催。蠟彫刻作品の初展示。
1991年 (株)C.P.A.にて舞台美術家の妹尾河童氏の蠟人形を共同制作。同年、(株)C.P.A.を辞職。
1992年 雑誌『S&Mスナイパー』(ミリオン出版)に蠟彫刻作品が掲載。
東京タワー蠟人形館の制作スタッフ就任。同年、フランク・ザッパ氏の蠟人形をリメイク。
1995年 東京タワー創立者、日本電波塔(株)会長前田久吉氏の蠟人形を制作。
1996年 個展『蠟彫刻師杉本英輝31歳初個展 性とメルヘン』(神田/平永町橋ギャラリー)開催。
1999年 雑誌『レコード・コレクターズ』(株式会社ミュージック・マガジン)「レコード・コレクター紳士録」にコレクターとして、作品と共に掲載。
2000年 グループ展『PiPOP』(渋谷/ル・デコ)開催。
2001年 『NiCAF』(有楽町/東京国際フォーラム)出品。
2004年 個展『杉本英輝蠟彫刻展』(九段下/成山画廊)開催。
2005年 『アートフェア東京』(有楽町/東京国際フォーラム)出品。
2006年 『Art@Agnes 2006』(神楽坂/アグネスホテル)出品。
雑誌『美術手帖』(美術出版社)特集「工芸発見!日本美術ってすごい!」に作品が掲載。
書籍『美術になにが起こったか』(椹木野衣著/国書刊行会)「次世紀アーティストの肖像」に作品が掲載。
2009年 東京タワー蠟人形館の制作スタッフを退任。18年間の業務期間に手掛けた蠟人形総数122体。
2010年 蠟彫刻作品の制作を再開する。